Fandom

Japan

葵祭

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

ファイル:Aoi-Matsuri-01.jpg

葵祭(あおいまつり、正式には賀茂祭)は、京都市賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)で、5月15日(陰暦四月の中の酉の日)に行なわれる例祭。京都三大祭りの一つ。

概要編集

平安後期の装束での行列が有名。平安時代、「祭」といえば賀茂祭の事を指した。葵祭と呼ばれるようになったのは元禄時代に存続が危ぶまれた頃に将軍家の庇護を受ける様になった事によるもので、それ以来、葵の葉を飾る様になった。

石清水祭春日祭と共に三勅祭の一つであり、庶民の祭りである祇園祭に対して、賀茂氏朝廷の行事として行っていたのを貴族たちが見物に訪れる、貴族の祭となった。石清水八幡宮の南祭に対し北祭ともいう。

斎王代が主役と思われがちだが祭りの主役は勅使代である。源氏物語中、光源氏が勅使を勤める場面、葵の上と六条御息所が争う場面が印象的である。大気の不安定な時期に行なわれ、にわか雨に濡れることが多い。

前儀 編集

さまざまな前儀が行われるが、中でも流鏑馬神事(やぶさめしんじ)が有名である。糺の森(ただすのもり)の真中にある全長500メートルの馬場(ばば)を、公家風の装束姿や武家風の狩装束姿の射手(いて)たちが疾走する馬上から、3つの的を射抜くというものである。

「矢伏射馬(やぶさめ)」とも書かれる流鏑馬は、その文字が示すように矢を射ること。馬を走らせながら正確に的を射抜く高度な技術が必要とされるため、人気の行事の一つである。

雄略天皇の即位の年(457年)、「騁射(うまゆみ)」を行ったと『日本書紀』が伝え、「賀茂祭に民衆を集めて騎射を禁ず」の記事が『続日本紀』にしるされるなど、古い歴史を持つ日本古来の馬術。

射手のかけ声「イン、ヨー」とは「陰陽」のこと。みごと矢が的中すれば五穀は稔り、諸願は成就すると言い伝えられている。文亀2年(1502年)に中絶したが、昭和48年(1973年)、下鴨神社式年遷宮の記念行事として復活。「糺の森流鏑馬神事保存会」によって公家装束による流鏑馬が保存・伝承されている。

また、上賀茂神社では競馬会神事(くらべうまえじんじ)などが執り行われる。

また、毎年5月4日には斎王代禊(みそぎ)の儀が行われる。 斎王代と女人たちが御手洗池(みたらしいけ)に手を浸し清める儀式で、下鴨神社と上賀茂神社両社で隔年交替で行われる。

宮中の儀・路頭の儀・社頭の儀 編集

葵祭は、宮中の儀・路頭の儀・社頭の儀の3つから成るが、うち宮中の儀は現在では行われていない。

5月15日には平安装束を纏った人々が牛車と共に京都御所から下鴨神社を経て上賀茂神社まで約8kmの道のりを行列する路頭の儀(ろとうのぎ)が行われ、下鴨神社と上賀茂神社に於いて、実際の勅使である掌典職の掌典が祭文を奏上する社頭の儀(しゃとうのぎ)がとり行われる。

  • 路頭の儀(行列を見る)有料拝観席(御所と下鴨神社参道)の受付→京都市観光協会
  • 社頭の儀(儀式を見る)有料拝観席(下鴨神社楼門内)の受付→下鴨神社

行列の構成編集

行列は検非違使庁の官吏、山城使、馬寮使、近衛使、内蔵使による本列と、斎王代を中心とする女人列で構成される。

本列編集

警固
警備のための「検非違使尉」と「検非違使志」といった検非違使庁の官吏。
山城使(やましろのつかい)
賀茂神社は、京職の管轄外で山城国の国官の管轄であったため、国府次官の「山城介」を警備と監督にあてた。
馬寮使(まりょうのつかい)
左馬允という左馬寮の官吏を充てた。
近衛使
かつては、近衛中将が賀茂祭の勅使として遣わされる慣例があったため。現代では実際の天皇の使いである勅使は行列には加わらず、近衛使代と呼ばれる代行者が行列に参加している。
内蔵使(くらのつかい)
「内蔵助」と「内蔵史生」という天皇の幣帛を管理する内蔵寮の官吏をあてた。

女人列編集

斎王代を中心としてその周囲に女官等の華やかで可憐な行列が続く。女性全員と男童(おのわらわ:稚児)が舞台化粧と同様の厚化粧をする[1]

斎王代(さいおうだい)
斎王(さいおう)とは、賀茂神社に御杖代として仕えるために皇室から差し出された内親王または女王のこと。現在では京都ゆかりの一般女性から選ばれるので斎王(さいおうだい)となる[2][3][4][5]唐衣裳装束(からぎぬもしょうぞく)を着用。
蔵人所陪従(くろうどどころばいじゅう)
斎院の蔵人所(物品会計を司る役)の雅楽を演奏する役人。
命婦(みょうぶ)
一般女官の総称。小袿、単、打袴。
女嬬(にょじゅ)
女官の下位で、食事を司る。小袿、単、打袴。
女童(めのわらわ)
行儀見習いとして奉仕する少女(稚児)。
騎女(むまのりおんな)
神事を司る女官(巫女)で、騎馬で参向する。
内侍(ないじ)
身分の高い貴族の娘から選ばれた女官。
女別当(おんなべっとう)
斎院の内侍以下女官を監督する役。
采女(うねめ)
斎院の神事を司る女官で、斎王代同様、額の両側に日蔭糸を垂れ流す。青海波といわれる彩色模様の装束。

参考文献編集

  • 葵祭(賀茂祭)(濱岡昇、京都書院、ISBN 476363190X)
    • 歴代の斎王代の写真掲載、時期による化粧の微妙な違い(お歯黒・引眉の有無、等)が比較できる
  • 京ごよみ2009年5月号(京都観光推進協議会、フリーペーパー)P2~6

脚注 編集

  1. 女童以外の女性(特に斎王代)は原則としてお歯黒を付け引眉するが、近年は付けない場合の方が多い
  2. ただし、「一般公募」を受け付ける窓口は存在存在せず、京都ゆかりの寺社・文化人・実業家などの令嬢(主に20代)が選ばれている。
  3. テンプレート:和暦は雨天で中止になったため、翌年も同じ女性が選ばれた。
  4. テンプレート:和暦には東京在住の女子大学生が選ばれた。京都府外在住者では史上初となる(ただし京都市出身)。
  5. テンプレート:和暦には、三笠宮崇仁親王の外孫(=大正天皇曾孫)にあたる女子大学生が選ばれた(母が三笠宮崇仁親王の次女:容子内親王裏千家HP>千万紀子様、第54代斎王代に)

関連事項 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Commonscat

テンプレート:京都三大祭り

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは葵祭にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
テンプレート:画像提供依頼

テンプレート:Event-stub

cs:Aoi Matsuri en:Aoi Matsuri fi:Aoi matsuri fr:Aoi Matsuri id:Aoi Matsuri pt:Aoi Matsuri uk:Аої мацурі zh:葵祭

Fandomでも見てみる

おまかせWikia