Fandom

Japan

行平鍋

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

行平鍋または雪平鍋(ゆきひらなべ)は、取っ手と注ぎ口がついている、そこが平たい円形の鍋。単に行平雪平)とも。和風鍋の代表格。本来は陶製の土鍋だが、現在はアルミニウムやステンレスなどの金属製のものが多い。

語源・表記編集

在原行平が、海女にこの鍋に潮を汲み塩を作らせた故事から、行平の名を冠して「行平鍋」と呼ばれるようになった。また、鍋に浮き出た塩が雪のように見えることと、平らな鍋の形状から、後に「雪平鍋」とも書かれるようになった。また、行平がこのなべで塩を作らせた時に鍋の中の塩が雪に見えたことから、行平が自身の名と「雪」とを掛けて「雪平鍋」と名付けたという説もある。商品ではひらがなで「ゆきひら鍋」と表記していることも少なくない。

トリヴィア編集

カステラの紙をきれいにはがすには熱した行平鍋の底を当ててからはがすとよい。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia