Fandom

Japan

裸祭り (1)

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

裸祭り(はだかまつり)とは、成人男性が厄を落とす意味から身に付けている全ての衣服を取り払い、神前で何も身を付けていないことを示して、不浄なものを取り払う意味で全裸で参加する祭りのことである。近年では全裸が社会的タブーとなり、などを用いるようになった。

概要編集

裸祭には厄を落とし、五穀豊穣を願う祭として成人男性が裸体で競い合う祭が多い。農機具などが近代化される前の日本の農耕社会においては、強い働き手となる逞しい男性の存在が農家に最も求められる最重要課題であった。家督の維持、子孫の繁栄には強く逞しい男性の存在が欠かせず、裸祭を通じて、男性は裸体を村の長老や女性に披露することで、結婚相手となる嫁や自家への入婿を探す男女の出会いの場として、裸祭は村の行事では最重要の位置付けとされていた。特に、家督を継げない次男、三男にとっては入り婿先に招かれる重要な機会であるだけに、自己の逞しさを演出する唯一の場であった。また、男手を失った後家にとっても再婚相手を探す場でもあった。 裸祭に神木の取り合い等の闘争が多いのも、闘争能力の高さが男性の強さや生殖能力を象徴し、農家でより強い働き手であることを示すものでもあるだけに、伝統的に裸祭の参加は成人男性に限定されていた。古来に女性や子供の裸祭りが無いのもこの為である。近年では観光行事として子供裸祭りの行事を行うところもある。

裸祭は水行)の後、お堂の内外で神木、玉、等、その祭の象徴を奪い合う会陽を始めとして休耕となる真冬を中心に開催されるものが多い。これは冬場の娯楽の少ない農耕社会で鬱積した気分を解消させて村社会の安定を図ることを目的としていた。男性の闘争本能を呼び起こさせることで、地域社会の若者層の暴走を抑えることや、厳しい冬の寒さの中を裸で立ち向かわせることで、逞しい成人男性に成長したことを演出させることにあった。

一方では、真夏に、漁師を主体とした神輿を担ぐ祭、春から秋に掛けて神輿や山車を担いだり曳いたりする祭りもある。なお、神社によっては岡山県鏡野町(旧上齋原村)の上齋原村神社などは裸祭を廃止し、女相撲に変えたところもある。


全国の裸祭り 編集

自治体名の後は褌等の種類(*北海道

関連項目編集

外部リンク編集

テンプレート:Japan-culture-stub

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは裸祭り (1)にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
en:Hadaka Matsuri

Fandomでも見てみる

おまかせWikia