Fandom

Japan

裸祭り (2)

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

ファイル:Hadaka Matsuri small.JPG

裸祭り(はだかまつり)とは、参加者が裸体、又は裸体に近い最低限の服装で参加する行事を主体とする祭りのことである。

概要編集

おおむね、天王祭祇園祭の流れをくむ、春から秋にかけて(主に真夏に)、裸、又は裸同然で神輿太鼓台・等を担ぐ禊・祓い・疫病除けのタイプと、修正会の流れをくむ、真冬に、水行)の後、お堂の内外で神男、神木、玉、等、その祭りの象徴を奪い合う豊作祈願のタイプに分類できる。何れも、水を浴びたり、川や海に入ったりする場合が多く、中には温泉・泥・甘酒・赤飯・等を掛け合う場合があるが、これらには禊の意味があるとされる。これらの多くは成人男性のみ参加可能で、それ以外でも参加者は殆どが成人男性であるが、中には子供が参加可能な場合もある(これらには成人式通過儀礼の意味もあるとされる)。

裸の意味・服装等編集

祭りにおいては、裸は晴れ姿であり、人間が神仏に対し誠意を示す、疫病を撥ね付ける示威行為、とされる。又、中には参加者が全裸で登場する祭りがあるが、局所の露出は、わいせつではなく、逆に、健全、神聖な行動(究極の精進潔斎)である、とされる。只、近代以降は全裸が社会的タブーとなったことや品位向上を要求する動きもあって、参加者がふんどし半タコ股引ニッカボッカのみ、又は、その上に腹巻鯉口シャツ(ダボシャツ)・半天半纏袢纏法被)(祭りによっては腰蓑・腰巻)等、最低限の服装(1~4点前後)を着て参加する場合が多くなり、全裸は極稀となった。尚、これらの服装の種類、材質、着方には祭りや地域毎の特色が有る。

未成年者の参加編集

成人の裸祭りとは別に子供達のみによる裸祭りを催しているところがある(どやどや会陽山笠、等)。これらには、子供達に郷土の歴史と伝統文化への理解を持たせるという目的があるとされる。また、成人に子供が混ざった形で開催される祭もあり、これには幼い頃から成人と同じ服装で参加させる事により学校で学べない社会的ルールを子供に身につけさせ、子供の心理的成長を促すという目的があるとされる。

全国の裸祭り 編集

自治体名の後は服装の種類(種類はこちらを参照)。※は子供も成人と同等の服装で参加(それ以外は通常、成人男性のみ参加可能)、奉納相撲創作和太鼓も参照

北海道編集

東北編集

関東編集

甲信越北陸編集

東海編集

関西編集

中国編集

四国編集

九州編集

関連項目編集

参考文献編集

  • 裸祭り(矢頭保、美術出版社、1969年)
    殆どの写真が、ふんどし着用;P129~162に資料編、P163~165に祭りの一覧表有り、三社祭、灘のけんか祭り、博多祇園山笠、ふんどし少年も登場
  • 民俗の事典(ほるぷ、1977年、ISBN 978-4753402113)P285~286 文中では、ふんどし、全裸、共に触れてない;写真無し
    民俗の事典(岩崎美術社、1972年)の再刊(内容は同じ)
  • 日本民俗大辞典(全2巻、吉川弘文館、ISBN 4642013334、他)下P363 文中では、ふんどし、全裸、共に触れてない;写真は、ふんどし着用
  • 祭りと年中行事(直江廣治、桜楓社、1980年)P64~77
    P67以降にふんどしの記述有り
  • 褌ものがたり(越中文俊心交社ISBN 978-4883025220)P124~133
    P209に、ふんどし少年の写真も登場
  • 褌の旅(越中文俊心交社ISBN 978-4883028061)P18~32、72~75、180~183、198~202、211~212
  • 男の粋 和の極み おっ、ふんどし!?―新・ふんどし物語(越中文俊心交社ISBN 978-4778104993)
  • ふんどしの話(新穂栄蔵、JABB出版局、ISBN 978-4915806186)P98~103
  • 博多祇園山笠(管洋志、講談社、ISBN 978-4062001663、少年少女の写真多数)
  • 博多祇園山笠(管洋志、海鳥社、ISBN 978-4874151143、少年少女の写真多数)(上記の12年後の出版)
  • おっしょい!山笠(保坂晃孝、西日本新聞社、ISBN 978-4816707193)
    P168には子供山笠復活の事情・意義
  • ふるさとの子ども祭り(山崎正勝、日本カメラ社、ISBN 4817940549)
    P4~5、14、19~21、94~95、112~113、116に少年の裸祭りが登場
  • 祭りの四季(鶴添泰藏、グラフ社、1980年)
    P78~79に十五夜ソラヨイ(少年の裸祭り)が登場

外部リンク編集

以下のリンクはセクシャル寄り

テンプレート:Japan-culture-stub

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは裸祭りにあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
en:Hadaka Matsuri

fr:Hadaka Matsuri id:Hadaka Matsuri it:Hadaka Matsuri pt:Hadaka Matsuri

Fandomでも見てみる

おまかせWikia