Fandom

Japan

裾除け

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

裾除け(すそよけ)は、和服の下に着用する下着蹴出し(けだし)とも呼ぶ。腰巻の上から重ねて着ける、足首までの長さの布をさす。主に女性が着用するが、男性が着用する場合もある。

腰をおおよそ一周半する長方形の布に紐をつけたものが一般的(遊女は例外的に紐が無いものを使った)で、下半身を保護すると同時に和服の裾が足にまとわりつくのを避けるためのもので、普通は縮緬など滑りが良く、静電気が起こりにくい布地を選ぶ。

成り立ち 編集

現在の長襦袢が一般に広まっていなかった江戸前期には下着として、腰までの丈の半襦袢と腰巻を一組で使っていた。

半襦袢に代わって足首までを覆う長襦袢が広く使われるようになってからは、裾除けは、下着としての「湯文字(腰巻)」と、裾裏に縫い付けて裾が纏わりつくのを防ぐための「裾回し(八掛)」とに分化した。 また、湯文字の上に一種のおしゃれとして(裾はしょりをしたときに見えるように)付けた、絹などの美しい布で作った腰巻状のものを「すそよけ」「けだし」と呼ぶこともあった。

長襦袢が正式とされるようになった現在においては、比較的質素なものが多い。

祭りや民謡舞踊(阿波踊り、等)に於いては、赤、又はピンクの裾除けが見える様に、上の着物(浴衣)を短く着る場合が多い。

参考文献編集

  • 精選 日本民俗辞典(吉川弘文館、ISBN 4642014322)P195~196
  • 日本服飾史辞典(河鰭実英、東京堂出版、1969~79年)P103~104

関連項目 編集

  • ステテコ - 主に男性が着用する和服の下着(女性が着用する場合もある)。
Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは裾除けにあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia