Fandom

Japan

褌祝

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

褌祝(ふんどしいわい、へこいわい)は、日本の一部地方で行われる男子成人式第二次性徴期を迎える十代前半の男児が初めてを締めることから由来する。

概要編集

西日本を中心に行われる、男児成人男性に達したことを祝う、古来の私的祭事で、庶民階級の元服に相当した。下着として陰部を覆うことから、生殖能力を備えたことを祝う象徴として用いられた。女児初潮を迎える時期に行われる湯文字祝や結髪厚化粧と同様の、祭事として扱われる通過儀礼である。この儀式で、近親縁者を招き、宴席を設けるところもあった。

は母方の伯母、叔母か、いない場合、父方の伯母、叔母から贈られることを基本としている。父方の伯母、叔母もいない場合は、母親か姉妹と、血族の女性から贈るものとされ、「オバクレフンドシ」と呼ばれていた。

地域によって成年の年齢の違いはあるが、概ね12~15歳の年齢に達した男児とされる。成年に達した男児は、布1反と米か、或いは、餅か酒を女性宅に持参し、その1反の布を女性六尺褌)に仕立てて、男児を裸にし、の締め方や使い方を教え伝えて、祝の杯を交わす儀式であると言われる。この儀式を終えた男児は以後、褌の着用が許され、村の共同体で結婚の資格を有した一人前の男性と扱われた。褌が成人の下着と扱われる所以であり、成年に達しない男児の着用は許されなかった[1]

一部の地方では、この褌祝の祭事は、子に性技の作法を伝える、性教育儀式でもあったと言われる。母系家族の代表である母親が、男児が成長し、生殖能力を備えたことを祝い、その幸福と成功を祝う儀式として、母方の家系の姉妹が男児の最初の性行為の相手として選ばれた。それ以前では、母親が直接の相方となっていたようだが、近親相姦タブーが広まったことから、母方の姉妹、血族以外の女性と変遷したようだ。

尚、福岡県の一部地域では「へこかき」と称して6~9歳位で行う[2]。これは、社会の一員に認定された事を祝うもので、未だ幼いため、性行為は行わなかった。

近代以降、六尺褌から、時代と共に簡略化されて越中褌で行う地区もあったが、昭和に入り、近親相姦タブーが拡がったことや、第二次世界大戦後は、洋装化が進み、核家族化の進展と共にが廃れたことで、褌祝の祭事を行う地区は殆どなくなり、その内容も形式的に赤飯等を配るなどの内容となっているようだ。

脚注 編集

  1. 但し、幼年(多分6才前後)から褌を着用した、とする文献もある。
    大江戸復元図鑑<庶民編>(笹間良彦、遊子館、ISBN 4946525548)P250
  2. 民俗学辞典(柳田国男、東京堂出版、1951~69年)P514
    [1][2]

関連項目編集

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは褌祝にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
テンプレート:Japan-culture-stub

Fandomでも見てみる

おまかせWikia