Fandom

Japan

評価経済社会

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

評価が資産になる社会。

岡田斗司夫が最初に提唱した。

物々交換と何が違うのか。

物に対して評価を与えそれを交換する物々交換と、自分が評価する人に何かをあげよう 貢献しようとする評価経済社会。

資本主義となにが違うのか

 自分の資産である評価は証券にすることができないので、他人に資産を渡すことはできない。これに類似する手段として、他人を推薦することができるが、推薦したことがうまくいかない場合は、推薦した人の資産が減る。

問題点

 評価が高い物に投資が集まりやすくなる。自分で決定する人間を要請できなければ、評価が有るということに評価が集まり、より格差が広がる。

評価する方法を司る人間が、全ての権力を思いのままにする可能性がある。


刑罰

 評価にマイナスが存在するとすれば、評価するシステムを操作しチートしたという評価が、評価主義経済社会での借金である。それを手っ取り早く解消するためには、自分をより公開するという方法が考えられる。社会的制裁やメディアスクラムを自分時敏に向かって行うことで、借金を帳消しにすることができる。

 移動の自由を奪う現行刑法の上にこの観察刑ともよべる刑法体系を乗せることができる


FRREex

評価経済社会に移行するための会社形態。 

Fandomでも見てみる

おまかせWikia