Fandom

Japan

運炭

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

運炭(うんたん)は、石炭を運送すること。

鉄道による運炭 編集

鉄道による運炭の歴史は鉄道そのものの歴史と同時に始まった。1825年に開業した世界初の蒸気機関車を用いる商用鉄道であるイギリスストックトン・アンド・ダーリントン鉄道も、その建設目的は内陸の炭鉱から積出港のストックトンまでの運炭であった。

炭鉱への鉄道はその多くが旅客よりも石炭の輸送を第一義として建設された。このような路線を運炭線という。また、石炭の運送に特化した専用貨車石炭車)も多数運用されていた。

日本においては昭和時代中期のエネルギー革命以降、石炭産業の衰退と共に運炭を目的として建設された路線は地域幹線や都市近郊路線に衣替えすることに成功した一部路線以外は不採算路線となり、廃止されたり石炭を始めとした貨物輸送が消滅したりしているが、現在日本で唯一操業している釧路市釧路コールマインで産出された石炭は太平洋石炭販売輸送が運営する専用鉄道によって運送されている。

日本の主な運炭線 編集

「*」は廃線。


船舶による運炭 編集

重量物であり、その重量に比して価格が低い石炭は本来、船舶での輸送に適した品目であるため、輸送の根幹部分は船舶が担った部分が大きい。日本における運炭でも、各地の炭鉱で産出された石炭の多くは、手近な港まで鉄道で運ばれた後、消費地までは船舶で輸送された。

現在、日本の石炭を燃焼して発電している火力発電所において使われる石炭はほぼ外国からの輸入により賄われており、産炭国から石炭運搬専用の船舶(石炭運搬船)で運ばれてきた石炭が発電所そばに設けられた埠頭に着岸しそこからベルトコンベア等を使用して搬入される[1]場合が多い。

自動車による運炭 編集

空知炭鉱三井芦別炭鉱などでは、採鉱末期には鉄道による運炭を取りやめ、トラックによって運送していた。

脚注 編集

  1. ECCJ 省エネルギーセンター/ 平成16年度地区大会発表事例 相馬共同火力発電 新地発電所:火力発電所における運炭設備の図がある。

関連項目 編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia