Fandom

Japan

郷中

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

郷中(ごじゅう)は、薩摩藩武士階級子弟の教育法。類似するものに会津藩の「」がある。

起源編集

郷中の起源は島津義弘によるとされている。また、郷中が教育組織としての機能を発揮するようになるのは江戸時代中期以後の事であり、現存する藩の法令でも島津吉貴が方限・郷中の綱紀粛正と文武奨励を命じる文章が出されるなど、その運営に苦心した事が明らかにされている。 薬丸自顕流が体育・思想教育として用いられたのは有名である。

明治維新で武士階級は消滅したが、舎は存続した。現在の鹿児島県では、青少年の社会教育の場として機能している舎は少なくなっている。

なお、イギリスで郷中が研究され、ボーイスカウト制度のもとになったという俗説もあるが、そのような事実はない(会津藩の什や白虎隊がボーイスカウトの起源とする同様の俗説もあるが、これも誤りである)。

区分編集

4-5町四方を単位とする「方限(ほうぎり)」を基盤として、そこに含まれる区画や集落に居住する青少年を

  • 稚児(こちご、6-10歳)
  • 稚児(おせちご、11-15歳)
  • 二才(にせ、15-25歳)
  • 長老(おせんし、妻帯した先輩)

の4つのグループに編成したもの。

それぞれのグループで「頭(かしら)」(稚児頭、二才頭など)が選ばれ、頭は郷中での生活の一切を監督し、その責任を負った。郷中のメンバーは「舎」(健児の舎)に集まり武術や学問に励んだ。

教育内容編集

  • 武士道の義を実践せよ
  • 心身を鍛錬せよ
  • 嘘を言うな
  • 負けるな
  • 弱いものいじめをするな
  • 質実剛健たれ
  • たとえ僅かでも女に接することも、これを口上にのぼらせることも一切許さない
  • 金銭利欲にかんする観念をもっとも卑しむこと

などからなる。

郷中一覧 編集

当初の数は18であったが、幕末の頃には33と増加している。

上方限 編集

  • 紙屋谷
  • 上ノ原
  • 城ヶ谷
  • 岩崎
  • 冷水
  • 屯田
  • 後迫
  • 韃靼堂
  • 清水馬場
  • 中ノ町
  • 福昌寺
  • 内ノ丸
  • 横馬場
  • 中村
  • 実方

下方限 編集

  • 上ノ平
  • 下ノ平
  • 新照院
  • 高見馬場
  • 上加治屋町
  • 下加治屋町
  • 高麗町
  • 草牟田
  • 西田
  • 常盤
  • 正建寺
  • 八幡

その他編集

鹿児島市では毎年7月中旬に曽我どんの傘焼きが行われ、ふんどし一丁の6~15歳の少年が稚児と呼ばれる。本来、曽我兄弟と無縁といって良い鹿児島で曽我兄弟関係の祭りが行われるのは郷中教育の流れを汲むものと考えられる。

関連項目編集

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは郷中にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
テンプレート:Japanese-history-stub

Fandomでも見てみる

おまかせWikia