Fandom

Japan

魚吹八幡神社

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

魚吹八幡神社(うすきはちまんじんじゃ)は、兵庫県姫路市網干区宮内193にある神社。「津の宮」とも呼ばれている。 神功皇后三韓征伐のおり、神託により創建されたと伝わる。

祭神編集

応神天皇神功皇后玉依比賣命

祭事編集

播州地区では最大の氏子数を抱える祭り。神輿3台、屋台18地区、壇尻(だんじり)4地区、獅子舞1地区、提灯練り7地区が参加する。提灯練りが有名で、提灯祭とも呼ばれている。兵庫県指定無形重要文化財に、平成19年指定される。

服装編集

屋台の担ぎ手は「練り子」と呼ばれ、相撲と同様の廻しを着用(白の木綿廻しが原則だが地区によっては黒の絹の繻子廻し)、その上に地区毎の半天を着用する(廻し一丁の場合もある)。相撲の取り組みと同様の「下がり」を付ける場合もある。地域の少年は早ければ7才くらいから練り子と同じ服装で祭りに参加する。

屋台の中には「乗り子」と呼ばれる12才前後の少年4名が乗り込む。乗り子の衣装は柄によっては成人式振袖にも仕立て直し可能な豪華なものとなる。その衣装の費用(100万円以上)は通常、保護者の負担となる。只、屋台の構造上、乗り込むと顔が見えないため、鉢巻きを締め、その、長く垂れた部分に名前が刺繍され、衣装と共に後に垂らす。又、薄化粧に留まり、他地方の様な厚化粧にはならない。尚、乗り子は稚児と同様の神聖な存在とされ、祭の期間中は女手を借りず、地面に足を付けず、移動は大人に肩車される。

だんじり芸編集

だんじりの上では芸能が上演可能。本格的な化粧、衣装を着た小学生位の少女が妖艶で可憐な歌謡舞踊を披露する。

交通編集

外部リンク 編集

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは魚吹八幡神社にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
テンプレート:Shinto-stub

Fandomでも見てみる

おまかせWikia