Fandom

Japan

1と2分の1政党制

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

1と2分の1政党制(いちとにぶんのいちせいとうせい)とは、55年体制下における日本の国会議員の政党配分の特徴を指す。一党優位制とも。

概要編集

おおよその割合が、第1党が全体の半分を占め、第2党が25%、残りの25%はその他の政党が占める。

中選挙区制をとるとこの政党配分になりやすい。中選挙区制は日本以外に類を見ないといわれ、同様に1と2分の1政党制も日本独特といわれている。

ほかの政党制との比較編集

多党制
多くの主要政党が混在している状態で、1党または2党が目立って多数を占めない。比例代表制を取るとこのようになりやすい。
一党独裁制
ひとつの政党が絶対的権力を握り、他の政党を排除し、野党の結社を禁止または制限する政党制。中国の場合、中国共産党のほかにいくつかの政党があるが、あくまでも共産党の翼賛政党であり、野党ではない。
日本では自由民主党による長期政権が続いたため、この一党優位制を酷評し「一党独裁制」と呼ぶこともある。
東ティモールは独立して間もないころ、主な政党が1つしかなかったが、偶然でありほかの政党を排除したわけではない。これを単に「一党制」と呼ぶ。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia