Fandom

Japan

YOSAKOI

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

YOSAKOI(よさこい)は、高知県よさこい祭りから端を発した、踊りを主体とする日本のの一形態である。1990年代北海道札幌市YOSAKOIソーラン祭りが成功したことにより、そのノウハウをもとに2000年代にかけて各地に広がった。

特徴 編集

「よさこい系」「YOSAKOI系」の祭は、以下のようなフォーマットを踏襲している。

  • 鳴り物:手に鳴子(なるこ)などを持って、鳴らしながら踊る。
  • 曲:地元の伝統民謡、又はご当地ソングを5分程度にアレンジ(ジャズダンスディスコヒップホップ風が多い)した曲に合わせて踊る。
  • 衣装:おもに和風にアレンジされたデザインのチームオリジナルの衣装を着る。
  • 化粧:歌舞伎日本舞踊バレエ・等の舞台化粧や、そのアレンジ、フェースペインティング、等、各自で工夫する。
  • 演舞:各チームごとに独特の振り付けをおりまぜた集団での踊り。

この他については、各地域ごとにルールは異なっている。

装置集約型の七夕祭り等は開催する商店街の出費が多いが、YOSAKOI祭りは踊りを主体とした参加者集約型の祭りであるため、主催者側の持ち出しが少ないわりに規模拡大や集客効果が期待出来、短期間に各地に広がった。ただし、踊りに参加する各団体は、練習場代・衣装費・移動費などを自ら出費した上で参加費用を払っており、祭りの主催者の受益と参加者の出費とのバランスの悪さがしばしば問題になる。特に、グッズ販売や参加料の徴収など、主催者側の商業的な面が強い祭りに対しては批判も少なくなく、公益的な祭りを謳っていながら会計が不透明である等の批判を受けている祭りも見受けられる[1]

その他、地域本来の伝統文化とは無縁に組織されることもあり、祭りというよりも実質的には創作ダンスのコンテストとなってしまっているものもある。また、自由にアレンジできる反面、安易に曲の引用をするために、著作権侵害の問題も発生しているテンプレート:要出典

なお北海道のYOSAKOIソーラン祭りが多くの批判にさらされているのとは対照的に、各地域でのYOSAKOIにはそれほど険悪な雰囲気はないことが多い。

主なよさこい祭りの規模 編集

都市
名称 参加団体数
踊り手総数
(人)
観客数
(万人)
開催日数
開始年
典拠
札幌市YOSAKOIソーラン祭り330チーム33,0002025日間1992年[2]
仙台市みちのくYOSAKOIまつり250チーム8,500702日間1998年[3]
東京都スーパーよさこい103チーム1002日間2001年[4]
名古屋市にっぽんど真ん中祭り197チーム23,0001853日間1999年[5]
高知市よさこい祭り170チーム19,0004日間1954年[6]

全国のよさこい祭り一覧 編集

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 第42回社会教育研究会全国集会「若者の学びと文化」分科会・持ち込みレポート「続・YOSAKOIソーランがもたらしたもの」
  2. 歴史概略(北海道のYOSAKOIソーラン祭り)
  3. 活動実績(みちのくYOSAKOIまつり)
  4. 2007年開催概要(原宿表参道元氣祭り・スーパーよさこい)
  5. 「どまつり概要」伸び率(にっぽんど真ん中祭り)
  6. よさこい祭りの歴史(高知商工会議所)

関連項目 編集

テンプレート:Commonscat

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツはYOSAKOIにあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
テンプレート:Event-stubzh:Yosakoi

Fandomでも見てみる

おまかせWikia